忍者ブログ
諫早湾と有明海にこだわる 写真家・中尾勘悟からの 情報を提供します。
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰してます。8月上旬に「週刊現代」から依頼があった
諫早湾の写真は10月1日発売号に載るそうです。「無駄な公共
事業」の特集記事が載るようですが、果たして諫早湾干拓につい
てはどんな記事なっているか気になります。
 3月に完成した記録映画「有明海に生きて・・百人に聞く・・」
が、文化庁の19年度記録映画部門で優秀賞を受賞しました。
昨年は「今、有明海は・・・」が最優秀賞を貰っているのに、連続
して受賞したので驚いています。ちなみに今年度の最優秀賞は、
沖縄戦を題材にした「ひめゆり」が受賞したそうです。それに
しても、有明海をテーマにした地味な映画が受賞したのは奇跡
です。

 いずれにしても上映会を企画して、DVDやVHSテープを販売し
て資金を回収しないとイワプロは大変です。いい知恵がありまし
たらよろしくお願いします。

 柳川の近藤潤三氏(有明海を育てる会会長)が昨年から準備
しておられた聞き書き集「有明海の今昔(いまむかし)」(上)が、
先日出来上がりました。400部しか刷ってないので、残部は少ない
かもしれません。(有明新報社か近藤潤三氏へ問い合わせ)

 中尾勘悟拝
PR

コメント
お元気ですか
すっかりご無沙汰しております。WWFジャパンの佐久間です。
韓国と中国の海関係の資料を集めていて、このブログに行き当たりました。お元気にお過ごしでしょうか?

WWFジャパンでは今、中国と朝鮮半島に囲まれた黄海の保全プロジェクトを進めつつあります。

このあいだ、全羅南道の写真を見たら、有明海とそっくりで、びっくりしました。中尾先生は、韓国の黄海側の干潟にも行かれたりしていますか? 

私はまだ北京しか行ったことがありません。

最近、なかなか九州方面にも行く機会がないので、中尾先生のお名前を目にして、なんだか懐かしく、ご連絡した次第です。

とりとめもないですが・・・
それでは、また。

WWFジャパン
佐久間
【2007/11/19 18:29】 NAME[佐久間浩子] WEBLINK[] EDIT[]
お久し振りです
こちらこそご無沙汰してます。先日は鹿島市七浦の体育館で、佐賀大学主催の公開講座があり、私も有明海・韓国の干潟と漁の写真を130点ほど展示しました。佐賀大学の武田淳教授が「有明海と韓国の干潟文化」というタイトルで基調講演をされました。KFEMの金キョンウォン氏も参加してました。
 私も韓国の干潟と周辺のくらしに関心があり、7回ほど訪れましたが、最近はご無沙汰です。武田教授は、毎年調査を兼ねて韓国の南西海岸や内陸部を訪ねています。
 今黄海・東シナ海の汚染と漁業資源の枯渇が注目されていて、マスコミも取り上げているようです。武田教授は今年の春中国からの留学生と一緒に、渤海湾沿岸を調査しています。汚染が酷いようですね。
 黄海の保全に関する資料がありましたら、一部お願いします。
 今後ともよろしくお願いします。
 それでは、また。
                   勘悟拝
【2007/11/19 23:27】 NAME[風来海人] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/27 節翁]
[11/26 佐久間浩子]
[11/19 風来海人]
[11/19 佐久間浩子]
[05/17 風来海人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
uncle
年齢:
73
性別:
男性
誕生日:
1943/12/04
自己紹介:
諫早湾の干潟を回復しよう。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析